train_train0702’s diary

特級ボイラー技士、その他資格取得&ツーリングやドライブ、鉄道乗りつぶし

卒業旅行の思い出

trainです。

 

本日は夕方から夜にかけての仕事があるので、午前休みを取っています。

昨日は仕事終わりに2か月ぶりくらいに家の近くで飲みに行きましたが、

結構お店は混んでいました。

春休みのせいか学生と思われる若い人が多い印象でした。

先々週もスキーで今年卒業する学生と会いましたが、海外も行けず、

国内旅行もせいぜい2泊くらいしかできないとか言っていました。

 

思いかえすとtrainの場合、2月末に修士論文発表を終えてからは、

遊び倒そうと思っており、部活の同期とオーストラリアに行ったり、

助教に会いにアメリカに行ったり、スキーの大会に出ようとしていました。

f:id:train_train0702:20210310085824j:plain

f:id:train_train0702:20210310085843j:plain

(片言の英語でオーストラリアでレンタルバイクを借りました。)

f:id:train_train0702:20210310090221j:plain

f:id:train_train0702:20210310090237j:plain

(ゴールデンゲートブリッジをドライブ、スタンフォード大学の有名な教授を訪問)

f:id:train_train0702:20210310092232j:plain

青春18きっぷで板を担ぎながら大会会場まで向かいました)

 

また、少しでも家賃を削減するためにアパートから実家に引き上げなければ

ならないうえ、会社からは「研修」で社会人とは何ぞや的なものもやる必要があり、

そこそこ予定が入っていました。

ところが教授に呼び出され、

「このまま出ていくつもり?投稿論文書き上げてから卒業してね。」

と釘を刺されてしまい、修論終わったのに実験までしなければなりませんでした。

ということで大学に行ける日は実家から片道2時間かけて研究をして、

たまに大学で寝泊まりしながらなんとか投稿論文を書き上げました。(しかも2本)

まぁよく体力があったもんです。

 

コロナ影響で卒業旅行も制限され、社会人になってもオンライン研修で同期の顔も

知らないまま配属され、なんとも不憫です。