train_train0702’s diary

特級ボイラー技士、その他資格取得&ツーリングやドライブ、鉄道乗りつぶし

JGC修行①(台湾編)

trainです。

 

本日は年休をいただき、2泊3日で台湾に行ってきました。

JGC修行の一環のため、沖縄出発で台湾に行くルートでfopを稼いできました。

行程は下記の通り

6/1

羽田→那覇→羽田→松山(台湾) 

6/2

台湾観光

6/3

桃園(台湾)→那覇→羽田

現在那覇空港で仕事をしながらラウンジで待機しています。

 

今回JMBクリスタルに昇格して初めての国際線でした。

忘れていましたがクリスタルだと国際線で優先搭乗を受けられます。

一足早く座れる上、荷物も戸棚に先に収納できるので快適でした。

 

初日は台北に夜21時頃に着いたので、ホテルのチェックインして、

軽くメシということでルーロー飯を食べました。

f:id:train_train0702:20190603154012j:plain

これで50台湾ドル(200円)とは安い!

それから台北駅に行って翌日の新幹線と国鉄の切符を購入。

2018年の時刻表を持っていましたが、結構時刻が変わっていて

ネットで調べながらなんとか購入しました。

 

【行程】

台北6:51→左営8:50(新幹線グリーン車)

新左営8:55→潮州9:47(区快車)<日本でいう快速ですがレア>

潮州9:49→枋寮10:25(区間車)<日本でいう各停>

枋寮10:55→隴渓12:13(普快車)<旧型客車。各停より格下>

隴渓12:21→新左営14:57(莒光号)<急行>

左営15:15→台中16:09(新幹線指定席)

 

早速旅行記を添付します。

f:id:train_train0702:20190603155223j:plain

700系と似ています。

f:id:train_train0702:20190603155252j:plain

グリーン車は軽食と飲み物とおしぼりがサービスです。

(日本も見習ってほしい)

各座席にコンセントがあります。

f:id:train_train0702:20190603155437j:plain

珍しい快速列車で急行とほぼ同じ停車駅ですが、特別料金は加算されません。

f:id:train_train0702:20190603155624j:plain

台湾は乗車券が安い!

f:id:train_train0702:20190603155741j:plain

去年も乗って2回目ですが、クーラーがなく窓開けっぱなしでの走行のため、

風がすごいです。特にトンネルはいると気動車の排ガスと埃で目が痛くなります。

今回は対策としてサングラスを持ってきました。

f:id:train_train0702:20190603155944j:plain

台湾南部はきれいな浜が多いです。

 

普快車に乗るという目的が達成したので、台中の友人に会いに行きました。

f:id:train_train0702:20190603160125j:plain

旧駅舎です。つい最近まで使用していたようですが、

今は高架の真新しい駅になっています。

(高雄といいどんどん変わっていきます)

 

お土産買ったり小籠包食べたり夜市に行ったりしましたが、

移動も多くくたびれました。特に台中はMRTがなく、移動が基本バスなので

運転も荒く酔います。

 

友人はつい最近結婚したばかりでしたが、急に台湾赴任になったようです。

今時もそんなことするんですね・・・

嫁は年上で大手大企業の研究員とのことですが、そのうち仕事を辞めて

台湾に来るそうです。

研究員ってことは総合職のはずですが、簡単に仕事辞められるんですね。

正直、折角のタブルインカムがもったいないなぁって思いました。

家にも寄らせてもらいましたが、4LDKで100m2以上はある豪邸で

全額会社負担だそうです。

(トレーニングセンターもあるし、コンシェルジュがいました)

 

台湾は子育てしやすいとのことです。ただ話を聞くと月20万円払うと

嫁の健康管理と子供の面倒を見てくれて至れり尽くせりのようなことを

言っていましたが、流石に月20万円払えば日本でも可能なのでは?と思いましたが、

相場を知らないので黙っていました。

もし日本がもっと高いのであれば、僕は子供を育てられません。

 

まぁ数時間話を聞きましたが、正直楽しそうな未来があって羨ましいです。

暇だし、先立つものもなく、貯金もせずにプラプラしている

自分は何なんだろう?と考えさせられます。

(結婚が全てだとは思っていませんが)

とはいえあのストレスのたまる婚カツはまだ再開する気がしません。

 

馴れ初めは職場で行かされた講習会だそうです。

今まで何度も講習会行っていますが、同年代の女性がいた試しがありません。

ちょっと今までと毛色の違った講習に行く必要があるかもしれません。